〒489-0927 愛知県瀬戸市川北町2丁目11番地
お問い合わせ
0561-83-3131(代表)
受付時間 午前8:30~午後5:30(月~金)
     午前8:30~午後0:30(土)
診療科のご案内

診療科のご案内

睡眠時無呼吸症候群の検査・治療

診療日
午前
9:00~12:00
         
午後
5:00~7:30
         
  睡眠時無呼吸症候群について

■どのような病気?
 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、 睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。 大きなイビキや起床時の頭痛、夜間の呼吸停止、日中に強い眠気が さすなどの症状があります。 潜在患者は人口の2~3%といわれ、放っておくと高血圧や 心臓循環障害、脳循環障害などに陥るといわれております。 また、日中の眠気などのために仕事に支障をきたしたり、居眠りによる 事故の発生率を高めたりするなど、社会生活に重大な悪影響を 引き起こします。

■次のような症状はありませんか?
・大きなイビキをかく
・日中いつも眠い
・居眠り運転をよく起こしそうになる
・睡眠中の呼吸停止
・夜中に何度も目が覚める
・起床時の頭痛やだるさ

■検査について
 疑われる症状がある場合は是非一度、当院内科を受診して下さい。
問診および診察の結果、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと考えられた場合は、ご自宅で「終夜睡眠ポリグラフィー」という簡易検査を受けて頂きます。この検査では、睡眠中の呼吸の状態、血液中の酸素濃度などを 同時に測定して、無呼吸低呼吸の有無を知ることができます。検査結果によっては精密検査が必要となる場合があります。

■治療について
 簡易検査で無呼吸低呼吸指数(1時間あたりの無呼吸と低呼吸の合計)が40以上の閉塞型睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)療法が適応となります。 CPAP療法は、鼻より空気を送り、閉塞した上気道をおし広げることによって、睡眠時の無呼吸をなくし、酸素不足を解消することができると言われています。

診療科

診療時間

月~土
午前 9:00~12:00

月・火・木・金
午後 5:00~7:30

※受付は診療開始30分前から

(休診日)
水・土曜午後・日曜・祝祭日

お問い合わせ

0561-83-3131

受付時間
  午前8:30~午後5:30(月~金)
  午前8:30~午後0:30(土)

※お急ぎの場合はメールではなく窓口まで直接お電話をお願いいたします。


先頭に戻る