〒489-0927 愛知県瀬戸市川北町2丁目11番地
お問い合わせ
0561-83-3131(代表)
受付時間 午前8:30~午後5:30(月~金)
     午前8:30~午後0:30(土)
診療科のご案内

診療科のご案内

リウマチ科

《関節リウマチの薬物治療》
 関節リウマチは体のいろいろな関節が炎症を起こして腫れたり痛んだりする病気です。30歳から50歳頃の発症することが多く、女性が男性の3倍ほど多く起こりやすいことが知られています。人差し指から薬指の指先の2番目の関節と指のつけ根の関節(近位指節関節と中手指節関節といいます)や手首、膝関節、足指などが腫れて痛むことから始まることが多く、朝起きた際にこわばりを多少なりとも感じることがあります。数週間かけて徐々に腫れと痛みが進行し、その数が増えていきます。似た症状を引き起こす病気はほかにも知られていますが、左右両側に出現していれば関節リウマチの可能性が高いと考えられます。放置すると進行によって関節の軟骨や骨が溶かされて破壊されることにより関節の変形を起こしてしまったり、疲れやすく、全身のだるさや体力の低下を生じてしまいます。また、関節以外の症状として皮膚のしこり(皮下結節)やリウマチ肺と呼ばれる肺の線維化と胸水の出現を生じるようになってしまうことがありますので、症状の軽いうちにリウマチ専門医のいる外来に受診して検査を受けることが大切です。関節リウマチの診断については血液・尿検査や全身の関節のレントゲン写真によるチェックをまず行い、必要によりMRIや超音波などの特殊検査を追加して確実に関節リウマチであることの診断をつけていくことが重要です。これまでの医学的調査から、発症した早期の段階からしっかり治療を開始することで病気の進行を抑えることが可能であることがわかってきました。特にメトトレキサート(リウマトレックス)というお薬は症状の進行を抑制する基本的なお薬(アンカードラッグ)として多く使用されています。さらに、最近は生物学的製剤(抗TNFαモノクロナール抗体製剤、同受容体製剤、抗IL-6受容体製剤、抗CTLA4製剤)と呼ばれる注射や点滴のお薬を併用することにより数週間で関節リウマチの症状が消失し(臨床的寛解)、数年の継続で関節破壊が改善する(構造的寛解)患者さんもでてきています。当科では月曜日に外来通院での各種生物学的製剤(通称バイオ製剤といいます。レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシアなど。)の治療を行っております。治療の継続によってすでにドラッグフリー(内服および注射治療のいらない状態)寛解に至っており、元気に日常生活を過ごしておられる患者さんもおありです。ちなみに平均寿命の向上により、最近では高齢で発症する関節リウマチの患者さんが目立つようになってきました。高齢者で発症した場合、呼吸器や腎機能その他の合併症の存在により、より安全な治療薬の選択が求められます。ミゾリビン(ブレディニン)やタクロリムス(プログラフ)、スルファサラゾピリジン(アザルフィジン)といった治療薬を中心に、必要に応じて前述の治療薬を組み合わせて治療していきます。

診療科

診療時間

月~土
午前 9:00~12:00

月・火・木・金
午後 5:00~7:30

※受付は診療開始30分前から

(休診日)
水・土曜午後・日曜・祝祭日

お問い合わせ

0561-83-3131

受付時間
  午前8:30~午後5:30(月~金)
  午前8:30~午後0:30(土)

※お急ぎの場合はメールではなく窓口まで直接お電話をお願いいたします。


先頭に戻る